原因を見つける

たるみやほうれい線の原因

たるみやほうれい線の原因は、加齢による肌のたるみです。年齢を重ねることにより真皮の下にある、コラーゲンやヒアルロン酸などが減少してハリがなくなったり、表情筋が衰えることで肌が下側にたるみ、ほうれい線ができてしまうのです。ほうれい線が出来始めるのは人によって違いますが、30代後半から40代くらいになると、加齢による肌トラブルに悩まされる人が多いようです。ほうれい線対策として、アンチエイジングの化粧品やサプリメントなどがあります。これらはたるみやほうれい線予防としては、多少の効果が期待できますが、できてしまったたるみやほうれい線は、なかなか消すことができません。これらを治療するには、美容外科での治療が有効です。

美容外科での施術の内容

美容外科でたるみやほうれい線を治療するには、いくつか種類があります。ヒアルロン酸やコラーゲンを注射する方法、美容機器でリフトアップする方法、肌にコラーゲン再生をする美肌治療など、費用と仕上がりなどによって施術方法を選ぶことができます。最近人気のあるのが、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの注射による施術です。プチ整形とも言われるこの施術は痛みや副作用がなく、費用が安いことがメリットです。美容成分の注射をすることにより、ハリやうるおいなど肌質改善のほか、たるみやほうれい線を持ち上げ、ふっくらした肌にしてくれるのです。美容外科での治療ははじめての人や、副作用が心配な人、高額な費用をかけたくない人におすすめです。